ラブホテル経営者が考える迷惑なデリヘルドライバーとは

ラブホテルとデリヘルは基本的に共存共栄ができれば一番双方の収益にとってプラスとなりますが、デリヘルの送迎ドライバーで迷惑な奴が結構多いのです。

*

ラブホテルの経営者は誰よりもデリヘル嬢に詳しい

ラブホテルの経営者は誰よりもデリヘル嬢に詳しいラブホテルの経営者や店長は恐らく地域のデリヘルについて誰よりも詳しいというにはそれなりの理由があるのです。

デリヘルの利用者は写真でモザイクの入った女性を選び、実際に出会って素顔を知る事になりますが、ラブホテルの店長などはカメラでラブホテルに出入りするデリヘル嬢の素顔を確認しており、それがどの風俗店の何て名前の女性だかも把握しているのです。

デリヘル店の送迎車はどの車種でナンバーはこれというのも把握しているだけに、常にラブホテルの監視カメラは確認されているという事ですね。

ラブホテルの売上を伸ばす悩み事

ラブホテルの売上を伸ばす悩み事利用客が多ければ売上が伸びるのは当然の事となりますが、ラブホテルとしては一般カップルだけでなく、短時間の利用で部屋の回転率が高いデリヘルの利用者も大事なお客様というのに間違いありません。

しかしラブホテルの付近には電話番号だけが目立つ捨て看板が多いのは周知の通りです、路上の電柱に捨て看板を付ければ法律違反ですが、ラブホテルの敷地内にある植栽などにつけてある捨て看板は法的に警察などが取り締まる事が不可能となります。

敷地内に本番ありの捨て看板が多くあれば、それだけそのデリヘル店の利用率が上がるのですが、多数の捨て看板が乱立してしまえば一般的なカップルの利用が減ってしまうのも大問題という訳です。

出来る事ならばデリヘルが多く利用して欲しいですが、一般カップルに気が付かれない配慮をして貰いたいとそれなりに矛盾が生じるだけに、ラブホテルの経営者も強くはデリヘル店に言えないし、可といって目立つ捨て看板やデリヘルの送迎スタッフは遠慮願いたいというのが本音という事ですね。

デリヘルの経営者と仲の良いラブホテル

デリヘルの経営者と仲の良いラブホテル互いの利益を守るためにも配慮をしてくれるデリヘル店は大歓迎というラブホテルのスタンスもあり、全てのデリヘル店の経営者との付き合いは避けますが、一部のデリヘル店とは仲良くしたいというのも本音です。

ラブホテルも同じ地域に多数ある場合が多いだけに、お客様を自分が運営するラブホテルへ優遇してもらえないかと考えるのも普通というのがお判りになると思います、だからと言ってヤクザみたいな経営者と仲良くなっても迷惑行為に注意しにくくなるだけに、タイミングをみて良質なデリヘル店と仲良くしたいという矛盾もあるんですね(笑

ラブホテルの監視カメラを常に把握している理由

ラブホテルの監視カメラを常に把握している理由一般のホテルと違って、宿泊客だけではなく休憩利用が多いのがラブホテルですし、部屋が使い終わればすぐに清掃スタッフをいれて、新たなカップルが利用できる為に、フロントと清掃スタッフは常に何号室にお客様が入ったとか出たなどの連絡を密に取り合っているだけに、監視カメラは常に見ているという状況です。

それだけにラブホテルの駐車場で窓から手を出してタバコをふかした見るからに怪しいデリヘルの送迎スタッフは迷惑でしかありません、デリヘル嬢の送迎で入口に堂々とデリヘルの送迎車を堂々と停められていたら、一般客が見れば利用を避ける傾向にあるからですね。

どの送迎車がどのデリヘル店で、今何号室に入った女性はどのデリヘル店の何て名前の女の子かというのも仕事上で把握するだけに頻繁に最寄りのデリヘル店の情報を確認しているのです。

どのデリヘル店が真面目な運営をしているのか、どのデリヘル店が実は捨て看板のお店なのかを把握するだけに最近ではデリヘル情報 デリノートなどが女性の写真や出勤状況などが把握しやすいと使われているみたいですね。

ラブホテルの経営者はデリヘル遊びの達人

ある意味で人気のデリヘル嬢を監視カメラで全て把握しているだけに、選りすぐりの可愛い女性と遊びたいと思うのは自然の流れなので、ラブホテルの店長は個人的にこっそりとデリヘルを頻繁に利用している場合がよくあります。

但し、自分が経営するラブホテルでは他のスタッフにバレてしまう為に利用できない関係上、他のラブホテルの状況視察という名目で一石二鳥でこれも仕事と楽しんでいるみたいですね。

特に一定期間で部屋の模様替えだったり、部屋の利用回数に応じてプレゼントや景品をつけたり、ウエルカムプレゼントをしたりと、ラブホテル街でもお客様を集めようと競争しているだけに、定期的なライバル店の視察も確かに仕事として必要なのでしょうが、確実に素顔を把握している人気デリヘル嬢と遊んでいるのはちょっと羨ましい気もしますよね。

公開日: