ラブホテル経営者が考える迷惑なデリヘルドライバーとは

ラブホテルとデリヘルは基本的に共存共栄ができれば一番双方の収益にとってプラスとなりますが、デリヘルの送迎ドライバーで迷惑な奴が結構多いのです。

*

ラブホテルの部屋でデリヘル嬢のトラブル対策はちゃんと考えて行動してほしい

      2017/03/14

ラブホテルの部屋でデリヘル嬢のトラブル対策はちゃんと考えて行動してほしいデリヘル嬢にトラブルがあったとして、ラブホテルの部屋の鍵を開けてほしいと数人の男性がフロントに駆けつけてくるなどのトラブルがある。

基本的な状況とすればデリヘルは法的に本番行為を禁止されているが、どうやらお客に無理矢理にも行為に及び女の子が泣いて助けを求めているらしい。。。

この場合、ラブホテル側としては指定の部屋に内線電話で呼び、鍵を開けて良いのか確認作業を行う。
上手く男性なり女性の許可が内線電話で確認がとれれば鍵を開けるのだが、内線電話に出ない場合はラブホテル側のスタッフも部屋のドアまでは同行して状況判断を行うというものだ。

この際、駆けつけたデリヘル店のスタッフには以下の注意点を守ってほしい。
1)大声を上げて他の客に気付かれるのは迷惑というのを認識してほしい。
2)出来る限り短い時間でラブホテルの敷地外で話し合いをしてほしい。
3)警察などの騒動に出来る限りラブホテルを巻き込まないでほしい。

ちゃんとラブホテルに配慮しているデリヘル店かどうかは、送迎車は監視カメラで確認できるのでおのずと判るし、うちのラブホテルを頻繁に利用している車両は把握しているものだ。

地元で長くちゃんと対応しているデリヘル店だとラブホテルの責任者とデリヘル店のオーナーなどは結構面識がある場合がある。

懇意な関係であり、ちゃんとラブホテルを利用する他の客への配慮ができていると理解しているならばいろいろと優遇できるものはしていこうとどこのラブホテルでも共存共栄は判っている。

しかし、チンピラと見間違う様な送迎ドライバーの店に優遇する訳がない、自分のデリヘル店を如何に優遇させるかだけしか考えていないデリヘル店がトラブルを起こせば、すぐに警察にも通報するという訳だ。

 - 気遣いの出来ないデリヘル店

  関連記事

ラブホテルの自動ドアの前に送迎車で待機する奴
ラブホテルの自動ドアの前に送迎車で待機する奴

一般のラブホテルを利用するカップルは基本的に人目を忍んでラブホテルを利用していま …

横浜のデリヘルで宣伝してくれるのは有り難いが表現に気をつけて欲しい
横浜のデリヘルで宣伝してくれるのは有り難いが表現に気をつけて欲しい

横浜のあるデリヘル店がホテル代金混みこみコースとして特定のラブホテル名を店のホー …

実は優遇しているデリヘルだってある。
実は優遇しているデリヘルだってある。

女の子の忘れ物とかデリヘル店から電話がかかってくるのは珍しくない。 ちゃんとラブ …

有り難いデリヘル店と迷惑なデリヘル店
有り難いデリヘル店と迷惑なデリヘル店

デリヘル店によってラブホテルの駐車場の待機時間がまるで違う。 1)デリヘルの女の …