ラブホテル経営者が考える迷惑なデリヘルドライバーとは

ラブホテルとデリヘルは基本的に共存共栄ができれば一番双方の収益にとってプラスとなりますが、デリヘルの送迎ドライバーで迷惑な奴が結構多いのです。

*

実は優遇しているデリヘルだってある。

      2017/03/14

実は優遇しているデリヘルだってある。女の子の忘れ物とかデリヘル店から電話がかかってくるのは珍しくない。

ちゃんとラブホテルとの共存共栄をしっかり理解して配慮してくれるデリヘルのオーナーもいるものだ。

ラブホテルとしてはデリヘル店が休憩として多数の利用をしてくれれば部屋の利用率(回転率)が高くなりそれはラブホテルの売り上げ向上に大きく貢献しているのも事実だ。

仲が良いデリヘル店が特定のラブホテルを推奨してくれるのは本当に有り難い相互関係になってくる。

そしてラブホテルは時期によっては休憩料金と宿泊料金が高くなる場合があるのだが、懇意に連絡をとってくるデリヘル店にはラブホテルが値上げ期間中も平常時の料金で優遇するなどで連絡を取り合っている場合がある。

お客は値上げ期間中に部屋に入っても、女の子があとから部屋の鍵を開けてほしいと連絡する際にデリヘルの店名を知らせてくれる。

これによって、その部屋の料金を平常時の料金に設定変更するのだ。

帰り際に各部屋で料金を支払う際にはいつもどおりの安価な料金になっているという訳だ。

たまに、おたくのラブホテルを利用するからお客様一人につき500円をデリヘル店にバックしてくれないかなど、チンピラ風味のデリヘル店が交渉してくる場合もあるが基本的にどこもそういうのは断っている。

あとは、そのデリヘル店の広告チラシを各部屋に置いてくれとか頼まれる場合もあるが少しは考えて欲しいものだ。

特定のデリヘル店と結託しているとなれば色々と法律的にも問題になってくる可能性がある事を理解してくれていないらしい、上手い運営をするデリヘル店ではホテル代金こみこみパックなどをおこなっているが、これは女の子がお客からプレイ料金を貰った中から部屋代金を支払っているのである。

 - 気遣いの出来ないデリヘル店

  関連記事

ラブホテルの部屋でデリヘル嬢のトラブル対策はちゃんと考えて行動してほしい
ラブホテルの部屋でデリヘル嬢のトラブル対策はちゃんと考えて行動してほしい

デリヘル嬢にトラブルがあったとして、ラブホテルの部屋の鍵を開けてほしいと数人の男 …

ラブホテルの自動ドアの前に送迎車で待機する奴
ラブホテルの自動ドアの前に送迎車で待機する奴

一般のラブホテルを利用するカップルは基本的に人目を忍んでラブホテルを利用していま …

横浜のデリヘルで宣伝してくれるのは有り難いが表現に気をつけて欲しい
横浜のデリヘルで宣伝してくれるのは有り難いが表現に気をつけて欲しい

横浜のあるデリヘル店がホテル代金混みこみコースとして特定のラブホテル名を店のホー …

有り難いデリヘル店と迷惑なデリヘル店
有り難いデリヘル店と迷惑なデリヘル店

デリヘル店によってラブホテルの駐車場の待機時間がまるで違う。 1)デリヘルの女の …